書道文字の良さを発見!

座右の銘、 名刺、 看板文字、 商品名、 ハガキ, 赤ちゃんの命名、 
心を込めて書かせて頂きます。

また、外国の方のお名前を漢字に変換、
外国の方への お土産やプレゼントに喜ばれますよ!

心を込めて書かせて頂きます。
魂のこもった文字は縁起がよく、商売繁盛、人との交流もうまくいくように
なるでしょう。

収益は 育英資金として寄付させて頂きます。



ホーム店長日記
店長日記
店長日記:1864
«前のページ 1 ... | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | ... 94 次のページ»
2011年09月20日
” 盲亀浮木 ”  ( もうきふぼく )

井上裕之先生著「マーフィ‐ 100の言葉」より


ブッダの説話
大海の底に一匹のの盲目の亀がいて、波の上に
浮かび上がるのは100年に一度だけ、、、
大海には浮木が一本流れていて、その真ん中に
穴が一つあいている。
100年ぶりに波の上に浮かび上がった亀は、
たまたまその浮木の、その穴から顔を出した、、、

ブッダは、これほど有り得ないことが、この世に
存在する一人ひとりの命の誕生である,と言う。

命の誕生はそれ自体奇跡である。

「 ありがとう 」 の語源は、
「 有り難し 」 つまり、
「 有り得ない 」 ことが重なって与えられた、
命の尊さに感謝して生きよう! という教えから
生まれた言葉だそうです。

有り難い命、私たちは、生きる目的、使命を
背負っている。
自分の使命は?  と自分に問いかけ、
” ありがとう ” と感謝しながら生きていきたい
ものですね。

2011年09月19日
″ エンジンがかかる ”

ことわざより

やる気が出て 調子よく進み出すこと。


私は エンジンがなかなか かかりません。
セミナーに参加して、大切なことは、
” do it now ! ”
だと 教わりましたが、
いつも ぶらぶら、、、

その日にすることを箇条書きして、
終わったら チエックするようにしているのですが、、、
やっぱり だらだら、、、

” do it now ”

すぐに エンジンをかけなくては!
2011年09月18日
” カエル ”

いろいろと 想像して楽しんでください!
2011年09月17日
” 和言愛語 ”

和やかな表情と親愛の情がこもった言葉使い

虚偽や媚、諂いのない親しみやすく、温かい態度

生きていくうえで、日々出会う人に
優しい気持ちをもって言葉をかける

人は一人では生きていかれませんね。
人と人のつながりによって生かされています。
楽しく生きるためには、
挨拶ひとつでも 優しい言葉かけが大切なのでは
ないでしょうか。
2011年09月15日
” 成功するには 成功するまで 決して諦めないことだ ”

アンドリュー・カーネギーの言葉

成功、 社会的な仕事の成功、経済的な成功、幸せな心の成功、
他人から見た成功、自分から思える成功、、、
いろいろな成功があるのでしょうが、

成功するには 諦めないで継続することが大事でしょう。

自分で失敗を認めない限り失敗とは言えません。

他人がどんなに批判しようと、関係ありません、

自分は自分! 

成功するまで 努力して継続すること、

と多くの成功者は語っています。

” 成功するには 成功するまで 諦めない ”

この言葉を肝に銘じて、私も楽しく継続していきたいと
思います。

2011年09月13日
” 石の上にも三年 ”
 
ことわざより

冷たい石の上にも、三年という長い間座り続ければ、
温まるという意味から、

つらくても、我慢強く努力し続ければ、良い結果を
得ることができるというたとえ。

何事もあきらめないで、継続することが大事なんですね。
継続していけば、力もついてくるし、人からも認められる、
いろいろなアイデアもでてくるというもの、
継続しましょう!

私も 会社を立ち上げ、社会貢献なんて大きいこと言ってますが、
実情は厳しいもの。
止めようかと思うことも、しばしばです。

しかし、やっていることが楽しい。
毎日ワクワクです。

もう少し続けていこうかな!
2011年09月12日
私は 若い!

あっと言う間に歳をとってしまった
若い人が羨ましい
歳とるのは 平等だと言うけれど
やっぱり 若さが欲しい

若い人は 颯爽と歩いている
若い人には 夢がある
素晴らしい未来がある
傷つきながらも挑戦する姿は美しい


しかし 私は幸せだ
若い人々のブログや、F・Bの記事を読み
コメントのやりとり
すごいエネルギーをいただいて
町を颯爽と歩く

私は 若い
私は 若い
そう呟きながら 
頭を夢で膨らませ
町を颯爽と歩く
足腰の痛みもなぜか心地よく感じながら、、、


2011年09月11日
 ” 顔晴ろう ”

今日のNHKののど自慢は、岩手県の久慈市から、
30分延長で放送されました。

今日で 東北地方の震災から半年になるそうです。
 
お一人お一人の思いが込められた歌、お話で、
つらさ、苦しさ、悲しさを表に出されず、
復興へ向けての前向きな姿勢に感動しました。
白い着物にはかま姿の男性は、背中に
” 顔晴ろう ” と書かれていました。

” 頑張ろう ” ではなくて、 
” 顔晴ろう ” です。

頑張ろうは、きついけど、顔晴ろうは
皆さんの顔が晴れやかにという願いが込められています。

テレビの前で 涙を流しっぱなしでした。

どうぞ 本当に顔晴ってください!

2011年09月10日
” 折り紙をつける ”
 
ことわざより

絶対に大丈夫だと、保証すること。

「 折り紙 」 は、美術品などが本物であるという
証明書。

” あなたは成功するから、絶対大丈夫だから、
これこれを しなさい ”
なんて言われると、どんなに楽でしょうか!

これこれをしたら、失敗するかもしれない、
でも、したい。
不安交じりで行動しても、きっと成功しないでしょう。

自分で自分に ” 絶対やり遂げる。成功する ”
と 折り紙をつけましょう。

自信を持って行動したいものですね。

2011年09月09日
 
今夜 久しぶりで 「 山祗屋 (やまつみや) 」 さんで
食事をしました。

博多の伝統的な  ” 博多水炊き ” の
お店です。
とってもお美味しいですよ。
博多の老舗の味が 久留米で味わえます。

「 山祗屋 」 さんの つみが 右側のつくりの部分が
本当は氏です。 私がパソコンで出せません。

「 山祗屋 」 という屋号は 万葉集の歌の中から
つけられたそうです。

カウンター席、和室、掘りごたつの部屋などあって、
素晴らしいお料理屋さんです。

「 山祗屋 」 という文字は 看板文字は
私が書かせていただきました。
写真カウンター席の右の方には、縦1メーター、横2メーターくらいの
私の書が飾ってあります。

久留米お近くの方は是非 いらっしゃってみてくださいね。



http://www.e-kurume.net/archives/000074.php



2011年09月08日
”  当たってくだけろ ”

ことわざより

成功するか失敗するか分からないが、
思い切ってやってみること。


とにかく一歩踏み出そう!
考えてばかりでは、何もはじまらない。
結果を案ずるより、行動することだ。

成功哲学は、20世紀頃からアメリカから 
盛んに言われるようになったけど、
日本にも昔から、素晴らしいことわざがある。
立派な成功哲学ことわざではなかろうか。

そこいらに転がっている単なることわざと
思っていましたけど、こうして書いていると、
とても奥深く感じられます。
日本の良さを大事にしたいですね。
2011年09月07日
” 言うはやすく 行うは難し ”
  
ことわざより

口で言うのは簡単だが、
実際に実行するのは難しいい。

昔はよく言われました。
”口先ばっかりで、行動がともなっとらん”と
親にも、学校の先生にも、耳にタコができるほど
言われました。

皆さんもご経験あるのではないでしょうか!

でも、今は違います。

” 有言実行 ” の世の中です。

成功者は、これこれをしたい、と言って実行していますよね。

私も 書道で頑張りたい。
世界の人々を笑顔にできるような書を書いて、
書作品を作って販売し、
社会貢献をしたい。
収益は育英資金として寄付したい。

それが 今の私の夢、目標です。
2011年09月04日
魂を込める

先日 新商品 ” 巨峰酢 ” のラベル 「 黒陽 」を
依頼された。

巨峰農家の新製品だ。

農家の人は 雨の日も 風の日も かんかん照りの日も
畑に行って 丹精を込めて作られる巨峰、
実が熟し始めると 頭の良いカラスと知恵比べ、
本当に大変な労働だ。

私は 
巨峰酢が売れますように、
お客さんが 喜んで飲んでくださるように、
祈りながら、大粒でジューシイな巨峰をイメージして、
何枚も何枚も 何日も何日も書く。

新製品 巨峰酢 「 黒陽 」 が 素晴らしい商品と
なりますように!

2011年09月03日
「 おもしろきことなき世を おもしろく 」

幕末長州の英雄、高杉晋作の辞世の句

彼は明治維新を見ることなく、病気で若くして
この世を去った。

例え、病であろうが、幕末という動乱の時代で
あろうとも、楽しく生きよう!
世の中がつまらなくても、面白くなくても、自分は
楽しく生きる!

という意味だそうです。

この句の後に

「 すみなすものは 心なりけり 」

とありますが、それは、
晋作の看病をしていた野村望東尼が
作ったとされています。

楽しく生きるも、幸せに生きるも 心の持ち方次第
なんですね。
だったら、幸せに楽しく生きましょう!



2011年09月02日
うしろ姿のしぐれてゆくか

山頭火の句

種田山頭火は、明治から昭和の初期に生きた 
放浪流転の俳人である。
本州、四国、九州と大自然を住居として
山野を歩き回っている。

山頭火は晩年に

”  私の生きるということは、句作すること、
水の流れるように句心が湧いて溢れる  ”

と言っている。

かんかん照りの日も、大嵐の日も、大雪の日も、
山頭火は 喜々として歩いていたのではなかろうか!

2011年09月01日
感動

20数年まえのこと

日本でトップクラスの先生方による
書道の勉強会がありました。

初心者の私は、こちこちに緊張して
自分が書いた小さな作品を 
先生方のお一人に見てもらいました。

先生は 「 あなたは いい感性を持っていますね 」
と言ってくださいました。

でも、感性がないと思っていた私は、
「 いいえ、感性がないんです。どうしたら良いのでしょうか 」
と尋ねました。

「 感性はね、感動することだよ。素晴らしい景色を見て感動、
映画を見て感動、絵画を見て感動、感動の積み重ねが感性
なんだよ。書道はね、感性が大事なんだよ 」
優しく 指導していただきました。

それから、感動の二文字が頭から離れません。
私の座右の銘は 感動! ですね。

2011年08月31日
幸せかぞええよう

自分の周りには、幸せがいっぱい
満ちあふれています。

幸せを数えていると、感謝の気持ちで
満たされてきます。

感謝に集中していれば、
集中するものは拡張するそうです。

”感謝は 無限の成功の根源である”
と ジェームス・スキナー氏は言っておられます。

彼が 言うには 

人は 四つの宝を持っている

一つ、   誕生したこと
二つは、 知識を得ることができる
三つは、 公共財産を使える
四つは、 無限の機会にめぐまれている


なるほど、今からは四つの宝のにも感謝して、
幸せを掴み取りたいものですね。

2011年08月30日
あしたは あしたの風がふく

ことわざより

明日のことは分からないので 
あれこれ考えても仕方ない。
その時の成り行きに任せたほうが
よい。

細かいこと、マイナスのことに
神経を使って考えない。
おおらかな気持ちで 
明日に向かって楽しいことを
考えましょう。

つらい時、悲しい時、困難に直面した時、
とっても救われる言葉ですね。

2011年08月29日
「 だいじょうぶだ
  心配するな
  なんとかなる  」

一休禅師の言葉

日本昔話、とんちでおなじみの一休さん
室町中期の臨済宗の僧
  

一休さんらしい言葉で 大好きです。

何か困難にぶつかったとき、
一休さんが 身もとでささやいてくれます。

だいじょうぶだ!
だいじょうぶだ!



2011年08月28日
一期一会

10月 書道の個展をイタリアで計画中です。

ローマの東部 アドリア海に面した町で
アスコリ・ピチェーノという 小さな綺麗な町です。

日本の伝統書道である仮名文字で
百人一首に挑戦です。

10月7日は デモンストレーション
” 一期一会 ”を 縦180センチ、横90センチの紙に
書きます。

染矢敦子さんの ” 一期一会 ”の素敵な歌声にのせて
書きます。



染矢敦子さんのブログ
http://ameblo.jp/chumpeace-dog/


一期一会の私の大イベントです。



«前のページ 1 ... | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | ... 94 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス